So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

第43回関西支部例会のお知らせ [関西支部]

関西支部第43回例会を下記の通り開催いたします。
まだまだお席がございますので、関心がある方にお声掛けをしてくださいますよう、お願い申し上げます。

日本通訳翻訳学会関西支部第
43回例会
【日時】 20161210日(土)15001730
【場所】 西宮市大学交流センター
(阪急西宮北口駅北改札口を出て右手、隣接の「ACTA西宮」東館6階)

 発表1
【タイトル】「通訳ワークショップ」授業実践報告
【発表者】山崎美保(神戸女学院大学・関西大学非常勤講師)

【要旨】関西地方のある私立大学において筆者が担当している「通訳ワークショップ」の授業について報告する。本授業は、K大学における「通訳翻訳プログラム」の履修者で、3年次において通訳プログラムの関連授業を履修済みの学生を主な対象に、英日・日英の実践的な通訳訓練を行うことを目的とした半期完結型の授業である。
本授業における訓練は、難度の高いものであったが授業後のアンケートを見るとそれをポジティブにとらえていて、毎回課される課題も積極的に取り組み、講師の説明を受け入れようとするlearnability(学習意欲)が感じられる。講師の体験談を聞けて良かったという声も多く、現場の人間だからこそ話せる実際の状況をクラスで伝えることで学生は現実感―自分の取り組んでいる課題は大学という枠内だけでなく、実際の仕事に通じている訓練なんだという実感―を持つことが出来るという事であろう。学生の全般的な通訳スキルの向上とともに第一回目の授業で見られた学生特有の言葉遣いや癖はほとんどといっていいほど見られなくなった。
本授業の中核となる「ピアスピーチ通訳演習」及び「ゲストスピーカー・セッション」について実際の状況を踏まえて今後に向けての改善点を洗い出し、更なる授業の質の向上につなげていきたいと思う。

発表2
【タイトル】「米国における通訳を介した警察の事情聴取の伝聞問題に関する『代理人かつ導管』理論の問題点と今後の指針」
【発表者】田村智子(早稲田大学大学院非常勤講師)

【要旨】通訳人を介した事情聴取における証言を伝聞としないための法理論は、コモン・ロー諸国が長年苦慮してきた課題である。米国では通訳人は警察と被疑者の共同代理人ゆえ被疑者による伝聞主張は不可とする1892年の判決が、代理法の雇用者責任の原理を援用した連邦証拠規則に基づく揺るぎない判例法として確立され、70年代からは導管論も併用した「通訳人は警察と被疑者の共同代理人かつ導管」たる主たる判例法となり最高裁においても未だ覆っていない。しかし両理論併用に根本的な矛盾があり、また代理法援用は合衆国憲法修正第5条に抵触する可能性が極めて高い。また仮に完全可視化が導入されたとしても、一言語しか解さない刑事と被疑者による通訳の正確性・中立性の間接的な把握には限界があり、裁判官及び陪審員にとってもtranscript check translation無しに通訳が本当に「導管(正確かつ中立)」であったのかを検証するすべはない。以上の法理分析に加え本発表では、「質問と答えの噛み合い」、「原発話と訳出文の長さの差」、「通訳人と被疑者間の追加やり取りの多寡」等による通訳の正確性・中立性の間接的判断にはどの程度の限界があるか、を検証するために行った事情聴取の実録にもとづく量的分析の結果についても分析したい。

【参加費】会員:無料  非会員:1000円(学生500円)
【出席のご連絡・お問い合わせ】古川(furukawa@shoin.ac.jp)までお願いします。
なお、終了後懇親の会を予定しております。お気軽にご参加ください。


公開ワークショップ「質問紙法への誘い」のお知らせ [研究法・論文執筆プロジェクト]

研究法・論文執筆プロジェクト主催の公開ワークショップ「質問紙法への誘い」が10月23日(日)の13時30分-16時30分 (13時受付開始)の予定で開催されます。場所は東京外国語大学本郷サテライト3階セミナー室です。詳しくはこちらをご覧ください。

 


第17回年次大会のお知らせ [年次大会]

本年度の日本通訳翻訳学会年次大会は2016年9月10日(土)・11日(日)の両日、同志社大学今出川校地(京都市上京区今出川通烏丸東入)で開催されます。詳しい情報はこちらをご覧ください。

大会のプログラムはこちらです。 

 


「手話言語と音声言語に関する民博フェスタ2016」のお知らせ [NEWS]

国立民族学博物館日本財団助成手話言語学研究部門では、本年9月23-25日の予定で「手話言語と音声言語に関する民博フェスタ2016」を開催いたします。詳細につきましては、以下のURLをご参照ください。

http://www.r.minpaku.ac.jp/ritsuko/ssll2016/index.html

なお、日本通訳翻訳学会はこの催しを後援することになりました。関心のある方はぜひご参加ください。

翻訳研究育成プロジェクト第11回会合のお知らせ [翻訳研究育成プロジェクト]

翻訳研究育成プロジェクト第11回会合を下記の通り開催いたします。どうぞご予定のうえ、ふるってご参加ください。

日本通訳翻訳学会翻訳研究育成プロジェクト 第11回会合
【日時】2016年9月19日(月祝) 13時~15時半
【場所】神戸女学院大学 エミリー・ブラウン記念館201教室
同キャンパスへのアクセス
       
【発表1】
発表者:Isabelle Bilodeau(愛知淑徳大学)
演題:Yakusha atogaki: Defining the genre of translator commentary in Japan

【発表1概要】
Translator commentary practices in Japan (yakusha atogaki or translator afterwords) follow patterns that diverge from those seen in European and American publishing. Yakusha atogaki appear with far greater frequency in a broad range of literary genres, are written by translators at all stages of their careers rather than just established agents, and consistently eschew the topic of translation itself. Such practices combine to give literary translators access to a writing platform where they can engage in a wide range of actions, including self-imaging and direct address to readers, in addition to performing the informative, critical, and normative functions generally recognized in translator-authored texts (Dimitriu 2009). These practices would seem to be a significant asset for translator agency and visibility, but they have received little attention to date. This talk attempts a comprehensive portrayal of the yakusha atogaki genre as a convention in contemporary publishing. Based on a random sample of contemporary translator afterwords in works of literature, it defines the genre from four aspects: frequency in regard to literary genre, external features (length, headings, location), internal features (register, topics, organization), and functions. The objective is to reveal the framework of practices within which translators engage in first-person writing, staking positions as agents in the literary field.

【発表2】
ゲスト:古村 敏明(神戸女学院大学英文学科准教授)
演題:Translation Is the Child: Rationalizing Refabrications of Japanese Poetry

【発表2概要】
Translating Japanese poetry into English poses particular challenges. With regards to translating Western language poetry into English, the scholarly discussion has largely moved beyond the questions of choosing between fidelity and license or between domestication and foreignization; the former had been a traditional paradigm through the mid-twentieth century until it was reconfigured in part by Walter Benjamin’s “The Task of the Translator,” while the latter discussion was triggered by the publication of Lawrence Venuti's The Translator’s Invisibility in 1995.  When it comes to the translation of Japanese poetry, however, these questions continue to haunt - for good reason, given the linguistic and cultural differences between English and Japanese - alongside the current scholarly preoccupation:  the misgivings over cultural appropriation. 
The result of this development has been a quiet push toward literalism. Following a brief survey of radical translations, this paper presents a partial rationalization of the translational practice that has been characterized as “refabrications”:  translations that are so licentious as to diverge markedly from the original.  This mode of translation has been practiced by many, particularly by modern and contemporary American poets; examples include Hilda Doolittle’s translations of Sappho and Robert Lowell’s book of translation entitled Imitations.  Based on an examination of the translations of poems such as those of Hagiwara Sakutaro and Tanikawa Shuntaro, this paper makes two arguments. The first of the two theses is that refabrications, when administered judiciously, can enliven Japanese poems that may otherwise be rendered lifeless by more conservative translations.  
The second of the two theses of this paper is that, while refabrications may be criticized as the translator’s egotism or acts of cultural appropriation, one may circumvent those concerns by theorizing poetic translation as the “child” and by placing the responsibility of cultural sensitivity onto the readers as well as the translators.  While poetry isn’t untranslatable as some theorists have asserted, poetic translations can often more profitably be regarded as an offspring of the original:  a work independent from the original, just as a child is born of the parents but remains a separate human being.  This view of poetic translation not only encourages inventiveness from translators but also engages readers as active participants in translational processes.  In this sense, translation theory exists to be studied by both the practitioners and the recipients; developing an ethical sensitivity becomes a responsibility shared between the translators and the readers.                

(いずれの発表も英語、Q&Aは日英両語で行います)Presentations in English with a bilingual Q&A.

【参加費】会員:無料  非会員:1,000円(学生500円)
【出席の連絡】9月12日(月)までに、田辺(tanabe@mail.kobe-c.ac.jp)までお願いします。なお、終了後懇親の会を予定しています。お気軽にご参加下さい。

関西支部第42回例会のお知らせ [関西支部]

関西支部第42回例会を下記の通り開催いたします。

今回初めて梅田の会場で行います。まだ席が残っておりますので、ふるってお申し込みください。
また関心のおありの方にもお声掛けいただけますと幸いです。

日本通訳翻訳学会関西支部第42回例会
【日時】2016年7月23日(土)15:00-17:30
【場所】龍谷大学大阪梅田キャンパス 研修室
同キャンパスへのアクセス
http://www.ryukoku.ac.jp/osaka_office/access/
      

発表1
【タイトル】日中難訳語についての考察
【発表者】入江沢竜(関西大学外国語教育研究科)
【要旨】
日中学習者は学習や実践の際に語学環境や文化背景などの影響により、難訳パターン由来の誤訳が多発しているのが現状である。それらの発生しやすい難訳パターンや難訳語を品詞ごとに分類し、名詞、動詞、形容詞、数量詞、同音異義語などに発生する難訳要因を考察する。そして、発生要因に即した訳語を提案することにより、難訳による誤訳を回避し、難訳パターンのスムーズな訳出に役立てたい。本考察は日中学習者への注意喚起や日中通訳者を目指す方々への問題提起に繋がることを期待する。

発表2
【タイトル】パラテクストの視点から見た中国と韓国時代劇の日本語字幕における注の使用と比較
【発表者】鄭雁天(神戸大学国際文化学研究科博士後期課程)
【要旨】
視聴覚翻訳では、時間・空間などの制約があるため、通常注の使用は難しいと考えられ、特にその主流形態の1つである字幕翻訳では、注を付け加えるどころか元発話の削除、凝縮、改変といった方法が頻繁に用いられる。とはいえ、作品によっては注が多用されるものも実は存在し、更に、注を字幕翻訳における1つの大きな要素として認め、通常の字幕翻訳と区別して用語解説付字幕を推進すると思われる試みがなされている。その内、時代の差異やジャンルの特殊性などがゆえに、注の必要性が高くなると見られる時代劇が典型的な例として挙げられよう。
本稿では、注がパラテクスト要素の1つであるという立場にあり、Genette(1997)によるパラテクストの5つ(spatial・temporal・substantial・pragmatic・functional)の特性の視点から、中・韓時代劇の日本語字幕における注の使用がどうなっているのかを考察および比較し、またそれらの注の使用がどのような要因と関わっているのかを探ってみたい。

【参加費】会員:無料  非会員:1,000円(学生500円)
【出席のご連絡・お問い合わせ】田辺(tanabe@mail.kobe-c.ac.jp)までお願いします。
なお、終了後懇親の会を予定しています。お気軽にご参加下さい。

第42回関東支部例会のお知らせ [関東支部]

第42回関東支部例会を以下の要領で開催します。ふるってご参加ください。

【テーマ】通訳研究における最近の進展と傾向:会議通訳研究を中心として
【日時】 2016年7月17日(日)13:00~15:00
【場所】 立教大学 池袋キャンパス 11号館3階A302
下記のアクセス・キャンパスマップをご覧ください。

【発表者】
Daniel GIle(Université Paris 3 Sorbonne Nouvelle)

題目:Recent developments and trends in interpreting studies, with a focus on conference interpreting

発表要旨:
This talk will review the history and evolution of research into interpreting in terms of attitudes, institutional development, research methods and research expertise, interdisciplinarity, topics and theories, community of researchers, geographic research centers and production, with a special focus on the last decade or so, during which much has happened. Specific case studies will be presented from recent publications and research.   

【使用言語】英語
【参加費】会員:無料、非会員:1,000円 (学生 500円)
【お問い合わせ】立教大学武田珂代子(kayokotakeda@rikkyo.ac.jp)までご連絡ください。


日本通訳翻訳学会関西支部第42回例会のお知らせ [関西支部]

日本通訳翻訳学会関西支部第42回例会を以下の要領で開催します。多くの方の参加をお待ちしています。
 
【日時】2016年7月23日(土)15:00-17:30
【場所】龍谷大学大阪梅田キャンパス 研修室
同キャンパスへのアクセス
       
発表1
【タイトル】日中難訳語についての考察
【発表者】入江沢竜(関西大学外国語教育研究科)
【要旨】
日中学習者は学習や実践の際に語学環境や文化背景などの影響により、難訳パターン由来の誤訳が多発しているのが現状である。それらの発生しやすい難訳パターンや難訳語を品詞ごとに分類し、名詞、動詞、形容詞、数量詞、同音異義語な
どに発生する難訳要因を考察する。そして、発生要因に即した訳語を提案することにより、難訳による誤訳を回避し、難訳パターンのスムーズな訳出に役立てたい。本考察は日中学習者への注意喚起や日中通訳者を目指す方々への問題提起に繋がることを期待する。

発表2
【タイトル】パラテクストの視点から見た中国と韓国時代劇の日本語字幕における注の使用と比較
【発表者】鄭雁天(神戸大学国際文化学研究科博士後期課程)
【要旨】
視聴覚翻訳では、時間・空間などの制約があるため、通常注の使用は難しいと考えられ、特にその主流形態の1つである字幕翻訳では、注を付け加えるどころか、元発話の削除、凝縮、改変といった方法が頻繁に用いられる。とはいえ、作品に
よっては注が多用されるものも実は存在し、更に、注を字幕翻訳における1つの大きな要素として認め、通常の字幕翻訳と区別して用語解説付字幕を推進すると思われる試みがなされている。その内、時代の差異やジャンルの特殊性などがゆ
えに、注の必要性が高くなると見られる時代劇が典型的な例として挙げられよう。本稿では、注がパラテクスト要素の1つであるという立場にあり、Genette(1997)によるパラテクストの5つ(spatial・temporal・substantial・pragmatic・
functional)の特性の視点から、中・韓時代劇の日本語字幕における注の使用がどうなっているのかを考察および比較し、またそれらの注の使用がどのような要因と関わっているのかを探ってみたい。

【参加費】会員:無料  非会員:1,000円(学生500円)
【出席の連絡】7月16日(土)までに、田辺(tanabe@mail.kobe-c.ac.jp)まで
お願いします。なお、終了後懇親の会を予定しています。お気軽にご参加下さい。

プレ・カンファレンス講義についてのお知らせ [年次大会]

昨年度に引き続きまして、年次大会前日に「知の継承プロジェクト」と題して、「プレ・カンファレンス講義」を本年度も開催致します。特に今年度は京都での開催ですので、ご参加希望の方々は早めにお申し込みのうえ、(遠方からお越しの方々は)ホテルの確保をお願い致します。

この「知の継承プロジェクト」は、若い会員の皆様に、体系的な通訳研究・翻訳研究の全体像を学ぶ機会を提供し、かつ、研究経験の豊富な会員の皆様にも積極的に参加頂き、議論を盛り上げて頂きつつ、これまで日本で培ってきた通訳研究・翻訳研究の知の体系を若手研究者に継承して頂く、という趣旨です。大学院生の皆様だけでなく、一般の会員の皆様も奮ってご参加ください。

今年度のラインナップは以下のとおりです。
*場所は、「同志社大学」です。年次大会と同じ大学です。

日時:2016年9月9日(金)午後
場所:同志社大学室町キャンパス・寒梅館大会議室(6階)
講師:
 1)北代美和子会員(文芸翻訳家、東京外国語大学講師)
 2)三ツ木道夫会員(同志社大学教授)
 3)竹田純郎先生(金城学院大学名誉教授)
時間:講義とQ&A
 1)12:30~14:00
 2)14:20~15:50
 3)16:10~18:00
内容:
 1)北代美和子会員(文芸翻訳家、東京外国語大学講師)
 「翻訳はほめられるか?―翻訳批評の限界と文芸翻訳における翻訳者の倫理」
 【要旨】
  文芸翻訳実務者の視点からTranslation Studiesと翻訳批評の関係について考察する。翻訳研究の枠内で翻訳を肯定的に批評することは可能なのかを、実際の翻訳作業をまじえながら、テキストに即して検討し、さらに文芸翻訳における翻訳者の倫理の問題に焦点をあてて、翻訳を利用した文芸批評の潜在的可能性を論じる。

 2)三ツ木道夫会員(同志社大学教授)
 「1920年代ドイツの翻訳論―なぜ翻訳は可能なのか―」
 【要旨】
  翻訳思想の変転を歴史的に眺めた場合、結局のところ、唯一絶対の翻訳方法など存在せず、翻訳者はみなそれぞれが置かれた歴史的な環境の中で何らかの方法を選び取ったのだろうという考えに辿り着きます。かつて原理的に翻訳は不可能だと推論しながらも、翻訳活動そのものは称揚し、そこに文化的な意味を求めた思想家もいました。これはいわば翻訳の可能性を真剣に考察した挙句に横道に逸れていった人たちですが、それとは違って翻訳の可能性を徹底して掘り下げた思想家・翻訳者が1920年代ドイツに現れます。今回はW.ベンヤミンをはじめとする3人のユダヤ系思想家を紹介します。

 3)竹田純郎先生(金城学院大学名誉教授、PH・D(独・テュービンゲン))
 「翻訳という技法」
 【要旨】
  翻訳とは、ギリシア的にいえば、ものを作る技法である。例えば、日本人の聖書学者が体得した技を駆使して、「ヨハネ福音書」を解釈し、その邦訳を作るという。
 だがその学者でさえ、翻訳の困難から逃れられない、否そもそも翻訳には理解と誤解を伴うことを弁えざるをえない。だとすれば、翻訳は常に繰り返されるべき実験的試みであり、翻訳の技法はその試みの方途であると言える。なぜそうなのか、を考えてみる。

※ 今回は招聘講師として竹田純郎先生をお招きします。文学修士(東北大学)ドイツ・チュービンゲン大学哲学博士。金沢大学や立教大学文学部で助教授を務められ、金城学院大学教授就任。2014年定年退任、名誉教授。ドイツ哲学書の翻訳書も多く手がけられているドイツ解釈哲学の泰斗で、シュライアーマッハー、ディルタイ、ハイデガーなどの話もかなり突っ込んでして頂けるかと思いますし、クリスチャンとして聖書翻訳についてもいろいろとお話頂けるかと思います。

参加費:会員は一般・学生とも無料/非会員一般1,000円、非会員学生500円

会場の席数に限りがあります。ご参加希望の方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください(先着順)。
kawahara[a]kinjo-u.ac.jp

メールのタイトルと本文は、以下のようにお願いいたします。

メールタイトル:プレ・カンファレンス講義申込:〇〇〇〇(←お名前を記入)
メール本文:
 (1)氏名
 (2)所属
 (3)会員/非会員、一般/学生の別
 (4)連絡先メールアドレス
 (5)参加希望レクチャー(1つでも2つでも3つでも可能)
     ①北代先生 ②三ツ木先生 ③竹田先生

では、ご参加をお待ちしています。

JAITS新企画担当理事 河原清志


モナ・ベーカー教授講演会のお知らせ [講演会]

モナ・ベーカー教授講演会が神戸女学院大学開催されますので、お知らせいたします。どうぞご予定ください。

モナ・ベーカー教授(マンチェスター大学 国際翻訳・異文化研究所)講演
【日 時】2016年7月18日(月・祝)15時~16時半
【場 所】神戸女学院大学文学部2号館LAII-22教室

【演 題】Ethics in the Translation/Interpreting Curriculum and Profession
(翻訳/通訳カリキュラム及び職業的翻訳/通訳における倫理)

【要旨】
Translator and interpreter education has traditionally sidestepped the issue of ethics. At most, students are made aware of existing professional codes of ethics, which generally focus on the relationship between the translator and the client and stress the need for impartiality and fidelity. But translators and would be translators need to adopt a more reflective and critical stance towards the tasks in which they engage; they have a responsibility towards participants other
than the client who pays their fees, and indeed towards society at large.
 Postgraduate education in particular must encourage translation and interpreting students to reflect on their own positioning and must prepare them for some of the ethical dilemmas they are likely to encounter in the real world. The presentation will elaborate on this argument and will focus on how ethics may be incorporated into the curriculum and how students may be encouraged to reflect on ethical questions in their own work and in the work of other translators and interpreters.

【お問い合わせ】田辺(神戸女学院大学)まで。tanabe@mail.kobe-c.ac.jp

前の10件 | -