So-net無料ブログ作成

通訳教育分科会のお知らせ [通訳教育分科会]

会員の皆様へ 

4月にアンケートを実施しました際は、多くの方々にご協力を頂き、有り難うございました。アンケート結果については、すでにお知らせしましたように、大会にて中間発表を行いました。詳細な報告は、『通訳研究』第7号に掲載されますので、そちらをご覧ください。

「通訳クラス受講生たちの意識調査~2007年実施・通訳教育分科会アンケート」 

 http://www.someya-net.com/10-JAIS/Kaishi2007/index.html

今後は、このアンケート調査の結果を踏まえて、各国の通訳教育の流れについて概観しながら、多様化する通訳教育へのニーズに対して、現場の教員がどのような指導を行っているのか、またどのようなことを試みようとしているのか、さまざまな角度から、検証・考察を加えていく予定です。その手始めとして、次の会合では当分科会の幹事数名が、通訳教育理論研究、および異文化コミュニケーションの視点から発表を行い、通訳教育に関する新たな議論のきっかけにしたいと思います。分科会への参加は会員の方は無料です。関心をお持ちの方はお気軽にご参加下さい。

日時:2008年3月1日(土) 13:15-16:30頃まで

会場:大東文化大学・板橋キャンパス 2号館5階通訳演習室(20515室)

〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1

アクセスマップ:http://www2.daito.ac.jp/jp/uploads/profile/1197489143_accessmap_itabashi.jpg
1.東武東上線東武練馬駅 無料スクールバスで約7分(スクールバス乗り場まで徒歩5分)

2.都営三田線西台駅 下車徒歩10分

3.路線バス(国際興業バス)東武練馬駅-浮間舟渡駅 高島六の橋バス停下車

    成増駅北口-赤羽駅西口(志村三丁目駅)大東文化大学バス停下車

4.タクシー 東武練馬駅前から(710-800円程度)

 

発表テーマ(担当者)

Pochhacker, Introducing Interpreting Studies第9章「教育」の概要説明 河原清志

・CAT(Communication Accommodation Theory)に基づいた通訳教育の可能性 新崎隆子

・音声指導の一環としてのシャドーイング田中深雪

連絡先Jais-edsig2(アットマーク)infoseek.jp

担当:田中深雪

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。