So-net無料ブログ作成

「通訳翻訳と異文化コミュニケーション」(5/27@立教) [講演会]

先月末に第1回目が開催されました、立教大学異文化コミュニケーション学部主催の連続講演会「通訳翻訳と異文化コミュニケーション」第2回のご案内です。
詳しくは下記をご覧の上、皆さまふるってご参加ください。

************

立教大学異文化コミュニケーション学部主催、2015年度連続講演会「通訳翻訳と異文化コミュニケーション」の第2回目はゲーム・ローカリゼーションをテーマに以下の要領で開催します。
入場無料、申込不要です。皆さまのご参加をお待ちしております。

日時:2015年5月27日(水)18:30-20:00
場所:立教大学池袋キャンパス・マキムホール2階、M202教室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

講演者:オヘイガン統子(Dr. Minako O'Hagan) ダブリンシティー大学

ダブリンシティー大学応用言語・異文化間研究学部(School of applied Languages and Intercultural Studies)上級講師(Senior Lecturer)。専門は翻訳テクノロジー、マルチメディア翻訳、ターミノロジーなど。近年では特に、ゲーム・ローカリゼーションやコミュニティー翻訳(crowdsourced community ranslation)を中心に研究。共著書にGame localization: Translating for the Global Digital Entertainment Industry (2013)、編著書にConflict and Communication: A Changing Asia in a Globalising World (2015 in print)、Fun for all: Translation and Accessibility Practices in Video Games (2014)、Linguistica Antverpiensia New Series--Themes in Translation Studies: Translation as a Social Activity--community translation 2.0 (2011)など多数。

演題:「クール・ジャパン」を支える翻訳:ゲーム・ローカリゼーション

要旨:日本のソフトパワー戦略の一環として、あるいは市場の拡大を目指して、官民で推進されている「クール・ジャパン」の進展に不可欠なのは翻訳・ローカリゼーションである。アニメやマンガの他に、デジタルゲームの分野でも活発な翻訳・ローカリゼーション事象が観察できる。特に、近年では、携帯電話、タブレットなどの拡散により大衆娯楽としてのデジタルゲームの普及率は世界的に高まっている。そうした中、過去10 年において翻訳学(Translation Studies)でもゲームの海外移植(ローカリゼーション)に関する研究が徐々に進んできた。本講演では、ゲーム・ローカリゼーションの翻訳学における位置づけを踏まえ、歴史的背景ならびにプロセスを簡単に説明するとともに、具体例を示しながら新しい翻訳研究分野を通した翻訳理論への貢献を試みる。

問合せ先:学部事務4課異文化コミュニケーション学部担当(03-3985-4824)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。