So-net無料ブログ作成

「プレ・カンファレンス講義」のご案内(9月11日、立教大学にて) [年次大会]

日本通訳翻訳学会
会員各位

本年度より新企画として、年次大会前日に「知の継承プロジェクト」と題して、「プレ・カンファレンス講義」を持つこととなりました。初回の今回は、現役の会長である水野的先生(青山学院大学)と副会長である武田珂代子先生(立教大学)にご登壇頂きます。

この「知の継承プロジェクト」は、若い会員の皆様に、体系的な通訳研究・翻訳研究の全体像を学ぶ機会を提供し、かつ、研究経験の豊富な会員の皆様にも積極的に参加頂き、議論を盛り上げて頂きつつ、これまで日本で培ってきた通訳研究・翻訳研究の知の体系を若手研究者に継承して頂く、という趣旨です。今後、歴代の理事を中心にご登壇頂き、通訳研究、翻訳研究の両分野についてのご講義をお願いする予定です。大学院生の皆様だけでなく、一般の会員の皆様も奮ってご参加ください。

今年度のラインナップは以下のとおりです。

*場所は、「立教大学」です。12、13日の年次大会会場である青山学院大学ではありません。お間違いなきよう、お願いいたします。

=================
日時:2015年9月11日(金)11:00~17:00(18時まで延長の可能性あり)

場所:立教大学 本館1201教室
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/

11:00~13:00 ①水野的先生(青山学院大学、90分程度のレクチャー、Q&A)
            「同時通訳の理論―認知的制約と訳出方略」
13:00~14:30 昼休み
14:30~16:30 ②武田珂代子先生(立教大学、90分程度のレクチャー、Q&A)
            「通訳者・通訳行為の社会学的モデル再考―紛争・占領下の通訳者を事例として」
16:30~17:00 ③影浦峡先生(東京大学、説明会のようなもの)(18時まで延長可)
            「みんなの翻訳演習(MNHTT)」 ※

※世界各地の大学数校が参加しているMNHTTの試験的使用についてご説明頂きます。MNHTTは、コラボラティブ翻訳、翻訳プロジェクト管理を大学で教えるためのプラットフォーム。今回は正規のレクチャーとしてではなくボーナスセッションとしてご説明頂く予定です。

参加費:
会員は一般・学生とも無料/非会員一般1,000円、非会員学生500円
=================

会場の席数に限りがあります。ご参加希望の方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください(先着順)。
kawahara[a]kinjo-u.ac.jp

メールのタイトルと本文は、以下のようにお願いいたします。

===========
メールタイトル:プレ・カンファレンス講義申込:〇〇〇〇(←お名前を記入)
メール本文:
 (1) 氏名
 (2) 所属
 (3) 会員/非会員、一般/学生の別
 (4) 連絡先メールアドレス
 (5) 参加希望レクチャー(1つでも2つでも3つでも可能)
     ①水野的先生 ②武田珂代子先生 ③影浦峡先生
===========

では、ご参加をお待ちしています。

JAITS新企画担当理事 河原清志
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。