So-net無料ブログ作成
検索選択

第43回関東支部例会のお知らせ [関東支部]

日本通訳翻訳学会関東支部では、「手話言語通訳研究と音声言語通訳研究の対話」と題して、以下の要領で第43回例会を開催します。手話通訳研究における主題、研究方法論、理論的枠組み、動向などに関する研究発表に対し、主に音声言語間通訳の研究に携わる会員が音声言語の通訳研究との比較を含めてコメントし、両分野の対話を促進する試みです。奮ってご参加ください。

日時】2017415日(土)13:30-16:30
【場所】立教大学池袋キャンパス(教室は後日お知らせします。)
【プログラム】
13:30-14:30 研究発表
タイトル:「手話通訳研究の現状と課題」
発表者:白澤麻弓会員(筑波技術大学)
要旨:する学的研究は米国が世界を引する形で展してきた。特に手を社会言学的点から分析する研究は、コミュニティ通を中心とする通研究全体にも影を与えてきており、手の世界を理解する上でも味深いものと考えられる。本例会では、こした手の社会言学的研究をいくつか取り上げ介することで、最近の研究向と音声言による通研究の接点を探りたい。 
14:40-16:00 ディスカッサントによるコメントとディスカッション
ディスカッサント:吉田理加会員(順天堂大学)、松下佳世会員(国際基督教大学)、武田珂代子会員(立教大学)



【参加費】会員:無料 非会員:1000円(学生500円)
【お問合せ先】立教大学・武田珂代子(kayokotakeda@rikkyo.ac.jp


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0