So-net無料ブログ作成
検索選択

日本通訳翻訳学会第45回関東支部例会のお知らせ [例会]

日本通訳翻訳学会関東支部では、「ニュース翻訳研究」をテーマに以下の要領で第45回例会を開催します。(事前申込は不要です。)

【日時】2017年6月17日(土)13:30-16:30
【場所】立教大学池袋キャンパス本館1階1101教室

【プログラム】 
13:30-14:10 研究発表
タイトル:「変わるメディアの生態系と多極化するニュース翻訳研究」
発表者:松下佳世(国際基督教大学)
要旨:2000年半ば、欧州を中心に加速したニュース翻訳研究が、過去10年余りの間にどのように世界に広まっていったのか。主要な先行研究を紹介しながら、これまでの歩みを振り返るとともに、日本における最先端の事例として、インターネットメディア「バズフィード (Buzzfeed)」の日本版として20161月に配信を開始した「バズフィード・ジャパン」における「マルチ・プラットフォーム型」のニュース翻訳実践を取りあげる。
14:20-15:00
タイトル:「韓国におけるニュース翻訳研究とKBS World Radio の実践事例」
発表者:申周和(立教大学)

要旨: 韓国ではプロの翻訳・通訳者の養成に当たっている専門職大学院を中心に、実務経験に基づいた翻訳通訳関連の研究が活発に行われているが、日本ではその詳細があまり知られていない。今回は韓国におけるニュース翻訳研究に焦点を当て、これまでの成果と今後の課題を洗い出す。また、1953年に放送を開始し、現在は日本語、英語、中国語など11か国語で韓国の情報を発信している韓国放送公社(KBS)の国際放送における日本語ラジオニュースの翻訳実践について紹介する。
15:10-16:00
会場参加者とのディスカッション

【参加費】会員:無料 非会員:1000円(学生500円)
【お問合せ先】立教大学・武田珂代子(kayokotakeda@rikkyo.ac.jp


日本通訳翻訳学会第41回関東支部例会のお知らせ [例会]

以下の要領で日本通訳翻訳学会関東支部第41回例会を開催します。奮ってご参加ください。

日時: 2016 年 6月18日(土) 18:15-20:15
場所:立教大学池袋キャンパス11号館A302教室

 
テーマ: NPT (non-professional translation)の実践と倫理的課題
プログラム(予定):
18:15-19:00 "From Subculture to Mainstream: Charting the Ethics of Fansubbing"
発表者:Douglas Schules(立教大学)
This presentation will trace how discourses of media have influenced the
rationales fans offer for fansubbing. Drawing on examples from video games
and anime, I want to sketch some initial theorization of how the ethics of
translation shift within fan communities.
(英語での発表、通訳なし)

19:00-19:45 "Non-Professional Translation and Ethical Issues"
オヘイガン統子(国立ダブリンシティー大学)
近年デジタルネットワーク環境を利用した自主参加型のノンプロフェッショナル翻訳(Non-Professional Translation = NPT)現象が翻訳研究の対象として頻繁に取り上げられている。本発表では、NPTの例として、ファン翻訳、クラウドソーシング翻訳を中心に、テクノロジーの発展が翻訳における倫理的課題にどのような影響を及ぼしているかを翻訳者の「自律性」、「信用」、また文化的背景の点から考察する。(日本語での発表)

19:45-20:15  ディスカッション

参加費:会員:無料、非会員:1000円(学生:500円)
事前申込不要。
問合せ先:立教大学・武田珂代子(kayokotakeda@rikkyo.ac.jp)


第38回関東支部例会のお知らせ [例会]

38回関東支部例会を以下の要領で開催します。ふるってご参加ください。事前申込みは不要です。
 
【日時】 2015221日(土) 13301630
【場所】 大東文化大学 板橋キャンパス 3号 館 1 階 30105 教室
東武東上線 東武練馬駅 北口下車 スクールバス7
都営三田線 西台駅 西口下車 徒歩9
下記のアクセス・キャンパスマップをご覧ください。


 【テーマ】医療通訳教育を考える-テキスト『医療通訳』*に みる新たな取り組み

*厚生労働省「医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業」 (平成25年度)のために「医療通訳育成カリキュラム」とカリキュラムに準拠した「医療通訳」テキストが作成された。厚生労働省のホームページからダウンロードできる↓


本例会ではテキスト『医療通訳』を取り上げる。まず、医療通訳の指導に必要な通訳理論を説明し、それを踏まえ
作成されたテキストについて、特に新たに組み入れられた内容を概説し、現状の課題から今後の方向について議論する。

【発表者】
1.渡部富栄(大東文化大学大学院/青山学院大学非常勤講師、通訳者)
題目:「ダイアローグモデルに基づく医療通訳の指導」

発表要旨:医療通訳は、患者/家族と医療者のダイアローグ(対話)の場で生じる。医療通訳の教育には、ダイア
ローグ通訳に必要な要素を組み入れていく必要がある。WadensjöAngelelli
参考に、医療における通訳の技術指導に必要な理論的枠組みを説明する。

2.重野亜久里(多文化共生センターきょうと代表)
題目:テキスト『医療通訳』の概要と今後の課題

発表要旨:医療通訳者として必要な知識、技術、スキル、倫理について理論から実践まで取り上げたテキストであ
る。現場の視点から医療通訳者の役割、文化仲介などにも踏み込み、医療現場に則した模擬通訳教材等も掲載した。本例会では、カリキュラ
ム、テキストの内容や作成経緯について発表する。

 【参加費】会員:無料、非会員:1,000円 (学生 500円)
【問い合わせ先】kanto@jais-org.net

関東支部例会のお知らせ [例会]

日本通訳翻訳学会関東支部例会(翻訳通訳教育研究会の共催)を以下の要領で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

【日時】2015年1月17日(土)13:30-16:30
 
【テーマ】ISOが大学の翻訳通訳教育に及ぼす影響
【内容】翻訳、コミュニティー通訳関連のISO国際規格策定の動きについて報告を受け、大学での翻訳通訳教育がそれにどう対応できるかを議論する。
13:30-13:40 イントロ(武田珂代子)
13:40-14:10 田嶌奈々(翻訳センター)「翻訳の国際規格ISO 17100の概略説明」
14:10-14:40 水野真木子(金城学院大学)「ISOによるコミュニティ通訳の規格化とその内容」
14:40-15:10 影浦峡(東京大学)「ISO 17100と日本の大学における翻訳教育の展望」
15:30-16:30 ディスカッション
 
【場所】立教大学本館2階1202(池袋キャンパスのマップは以下をご覧ください。)
【共催】翻訳通訳教育研究会(TI Edu Research Group)
【参加費】会員:無料、非会員:1,000円(学生 500円)
【問い合わせ先】kanto@jais-org.net


第36回関東支部例会のお知らせ [例会]

日本通訳翻訳学会関東支部例会(翻訳通訳テクノロジープロジェクト、翻訳通訳教育研究会の共催)を以下の要領で開催します。

【日時】10月19日(日)13:00-16:00 
【テーマ】翻訳通訳教育とテクノロジー
【場所】立教大学11号館3階A303(池袋キャンパスのマップは以下をご覧ください。)

【発表者】
武田珂代子(立教大学)「遠隔通訳授業の試み」
オヘイガン統子 (ダブリンシティー大学)「翻訳テクノロジー教育での学習者のモチベーションを高める試み」
(発表要旨については後日お知らせします。)

【共催】翻訳通訳テクノロジープロジェクト、翻訳通訳教育研究会(TI Edu Research Group)
【参加費】会員:無料、非会員:1,000円(学生 500円)
【問い合わせ先】kanto@jais-org.net

第27回関東支部例会のお知らせ [例会]

日本通訳翻訳学会第27回関東支部例会を以下の要領で開催します。今回は研究例会として、通訳・翻訳教育、語学教育に関連する「訳読」というテーマを取り上げます。多くの方々の参加をお待ちしています。

[日時] 5月22日(土)午後1:15―5:00
[場所] 立教大学池袋キャンパス11号館203教室

第1部1:30―2:45
[演題] 「「順送りの訳」の系譜」
[発表者] 水野 的(日本通訳翻訳学会)
[概要]  日本の訳読法には支配的な訳読法とは異なる流れが伏流のように存在した。それは英語教育においては「直読直解」や「グループメソッド」、「改良版Translation Method」、「分割読み」などであり、翻訳では森田思軒や二葉亭四迷、岩野泡鳴などの実践や翻訳論に見られる。この伏流は、現在では英語教育における「スラッシュ・リーディング」や同時通訳の訓練に使われる「順送りの訳」として現れている。本発表では、これらのもうひとつの訳読法と翻訳の問題点を検討し、その可能性を探る。

第2部 3:00―5:00
[演題] 「新しい訳読教育のモデル」
[発表者]  山岡洋一氏(翻訳家 著書に『翻訳とは何か』など、翻訳は『国富論』、『自由論』ほか多数)
[概要]  過去25年に翻訳は大きく変わった。圧倒的な力をもっていた翻訳調の規範がほぼ崩れ、新しい翻訳スタイルが使われるようになった。翻訳調は明治時代に、理解することなどとてもできないと思えるほど進んだ欧米文化を取り入れるための手段として確立したものだ。その翻訳調が歴史的使命を終えた以上、翻訳調に基づく教育方法である英文和訳と英文和訳型訳読教育も歴史的使命を終えたと考えるべきだろう。しかし、旧来の英文和訳から脱却して新しい翻訳スタイルを採用したとき、訳読教育には一般教養教育の手段として、大きな可能性が開けてくる。そうした観点から、新しい訳読教育のモデルを提示したい。

[会場の行き方]  JR 山手線・埼京線・高崎線・東北本線・東武東上線・西武池袋線・地下鉄丸ノ内線・有楽町線「池袋駅」下車。西口より徒歩約7分。
アクセスマップ  ・キャンパスマップ
 [参加費] 会員:無料 非会員:1000円
 [参加お申し込み・問い合わせ先] 日本通訳翻訳学会事務局(水野 的)まで
e-mail: secretariat(アットマーク)jais-org.net

日本通訳翻訳学会第26回例会のお知らせ [例会]

日本通訳翻訳学会第26回例会のお知らせです。

[日時]10月24日(土)午後1:00―5:30
[場所]青山学院大学11号館7F 1173教室
第1部1:00―3:00
[演題] 「作品タイトルの意味作用を考える」
[発表者] 泉 邦寿先生(上智大学教授)
[概要] 絵画や彫刻のタイトルを例に、 作品タイトルの意味作用(日本語、フランス語、翻訳の問題を含む)について考察したい。

第2部 3:30―5:30
[演題] 「The Rape of Genji」
[発表者] 平川祐弘先生 (東京大学名誉教授)
[概要] 源氏物語のサイデンステッカー訳が出てから源氏物語はレイプの文学であるとする説が出まわった。なぜそういうことになったか、翻訳が作品解釈に与える影響を考察する。
[参加費]会員 無料 非会員:1,000円

会場の行き方:JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面の出口より徒歩約10分、地下鉄「表参道駅」B1出口より徒歩約5分
総研ビルは正門を入ってすぐ右側の建物。http://www.aoyama.ac.jp/other/map/aoyama.html

[参加お申し込み・問い合わせ先]日本通訳翻訳学会事務局(水野的)まで
e-mail:secretariat(atマーク)jais-org.net 
*会員MLでのお知らせが届かなかった会員はお知らせ下さい。


日本通訳翻訳学会第25回例会のお知らせ [例会]

日本通訳翻訳学会第25回例会を以下の要領で開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

[日時] 517日(日)午後100―530
[場所] 立教大学12号館第12会議室
1100―300
[演題] 「翻訳が拓く新たな世紀ポストコロニアルの地平」
[発表者] 早川敦子・津田塾大学教授
[概要] ベンヤミンやファノンの翻訳論をはじめ、「翻訳論」研究への関心が、近年のポストコロニアル批評のコンテクストで新たな展開を見せている。アイデンティティの「確認」ではなく、協働による「創出」が求められる21世紀における「翻訳」の可能性を考える。 

2部 330―530
[演題] 「棒読み」からの脱却 英語アナウンス指導の事例から
[発表者] 花田恵吉・NHK国際放送局専任アナウンサー
[概要] 日本人英語話者が陥りやすい英語発話のくせとその矯正方法について述べる。
[参加費]会員 無料 非会員:1000 
会場の行き方:JR 山手線・埼京線・高崎線・東北本線・東武東上線・西武池袋線・地下鉄丸ノ内線・有楽町線「池袋駅」下車。西口より徒歩約7分。http://www.rikkyo.ne.jp/web/koho/univ_data/campusmap/index.html
[参加お申し込み・問い合わせ先] 日本通訳翻訳学会事務局(水野的)
e-mail:secretariat@jais-org.net  FAX03-3811-9836


第24回例会報告 [例会]

日本通訳翻訳学会となってからの初めての例会となる第24回例会が青山学院大学において、およそ40人を集めて開催されました。

第一部は裁判員制度と通訳人について、大野重國 最高検察庁裁判員公判部検事。
来年5月から裁判員制度が始まることを受け、多言語が必要となる法廷通訳人の役割と課題について語ってきただきました。冒頭、検事と裁判官との違いについてのユーモアあふれるエピソードや、検事というのは「提灯に火をつける」という言い方は生理的にできない、「提灯の中にはいっているろうそくの芯に火をつける」と正確に言う、というお話。それに加えて、通訳は何よりも正確性が大事、外国人被疑者の裁判の成果は通訳人の腕にかかっているという熱いお話をいただきました。

第二部は「よしもとばななの翻訳」と題して、アレッサンドロ・ジェレヴィーニ 早稲田大学客員准教授。イタリアでの日本文学の状況にはじまり、よしもとばななの作品が、イタリアで大変人気を博している様子について、また翻訳としてどういう点が日本語からイタリア語の文学翻訳で難しいか、特に配慮を要したかなど、文学翻訳に必要な心得について語っていただきました。ジェレヴィーニさんのみごとな日本語にも一同、感心しました。第一部、二部とも質問も活発に出て盛会でした。


日本通訳翻訳学会第24回例会のお知らせ [例会]

下記の要領で例会を開催します。ふるってご参加下さい。

[日時]10月12日(日)午後1:00―5:30
[場所]青山学院大学総研ビル11階第19会議室
第1部1:00―3:00
[演題] 裁判員制度と通訳人について
[発表者]:大野重國 最高検察庁裁判員公判部検事
[概要] 来年5月から裁判員制度が始まることを受け、多言語が必要となる法廷通訳人の役割と課題について語る。

第2部 3:30―5:30
[演題]「よしもとばななの翻訳」
[発表者]アレッサンドロ・ジェレヴィーニ 早稲田大学客員准教授
[概要] よしもとばななの作品は、イタリアで大変人気を博しているが、それにはイタリア語訳の力も大きい。翻訳としてどういう点が日本語からイタリア語の文学翻訳で難しいか、特に配慮を要したかをはじめ、文学翻訳に必要な心得について語る。
[参加費]会員 無料 非会員:1,000円

会場の行き方:JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面の出口より徒歩約10分、地下鉄「表参道駅」B1出口より徒歩約5分
総研ビルは正門を入ってすぐ右側の建物。
http://www.aoyama.ac.jp/other/map/aoyama.html
[参加お申し込み・問い合わせ先]日本通訳学会事務局(水野的)
e-mail:secretariat@jais-org.net  FAX:03-3811-9836