So-net無料ブログ作成
検索選択

日本通訳学会第23回例会のお知らせ [例会]

以下の要領で第23回例会を開催します。ふるってご参加下さい。

[
日時] 615日(日)午後100―530
[
場所] 立教大学11号館A203教室

第1部
100―300
[
演題] 「オスマン帝国の通訳たち-境界性と多重性」
[発表者]:黒木 英充 東京外国語大学アジア・アフリカ言語・文化研究所教授
[概要] 多言語帝国の通訳はどのような出自で、いかなる役割を果たしたのか。近代化・言語・マイノリティの関係を語る。

2部 330―530
[
演題]「メンタルレキシコンへのアクセスに、シャドーイング・音読はどのような効果が期待できるか?」
[発表者] 門田 修平 関西学院大学教授
[概要]メンタルレキシコン内の単語の意味アクセスがどのようにして行われるか、またシャドーイング・音読のトレーニングがそのようなアクセスにいかに貢献するかについて考えてみたいと思います。

[参加費]会員 無料 非会員:1000 
・会場への行き方:JR 山手線・埼京線・高崎線・東北本線・東武東上線・西武池袋線・地下鉄丸ノ内線・有楽町線「池袋駅」下車。西口より徒歩約7分。マップ
[参加お申し込み・問い合わせ先]日本通訳学会事務局(水野的)
e-mail: secretariat@jais-org.net   FAX03-3811-9836  

第22回例会報告 [例会]

日本通訳学会第22回例会は、東京外国語大学101マルチメディア教室において、1時より5時半まで、予定の時間どおり成功裏に開催されました。学会以外からも8名の参加者、なお横須賀軍関係者8名の参加者をあわせて、40名ほどの参加を得ました。

河野先生からは翻訳現場のことと英語教育についてのコメントを頂戴できたこと、「翻訳者は音読しながら訳す。学校教育の中で、聞く力を伸ばすことが大切である」という指摘が、特に印象に残ったという声がありました。
また、関沢先生のお話では実務家としてどうすれば通訳の質を高めていくことができるのか、というところで、本学会との協力に言及されたところがあり、同感でした。

学会以外からの参加者の感想です。
> とても貴重な一日でした。
> 翻訳と通訳の現場で活躍しておられる河野先生と関沢先生の示唆に富む
> 講演を拝聴できたことは収穫でした。

懇親会は、30名の参加を終えて6時から7時半まで、これも成功裏に終了しました。
次回は来年5月を予定しています。


第22回例会のお知らせ [例会]

日本通訳学会第22回例会のお知らせ

[日時]10月14日(日)午後1:00―5:30
[場所] 東京外国語大学(府中)研究講義棟101マルチメディア教室
第1部1:00―3:00
[演題] 翻訳ーーーむかし、今、これから -付、英語教育の移り変わり
[発表者] 河野一郎 東京外国語大学名誉教授
[概要] 戦前から現在にいたる翻訳の作業がどのように翻訳者と通訳者によっておこなわれてきたのか、英語教育の資料も参照しながらその共通点と相違点を探る。
第2部 3:30―5:30
[演題]  日米関係のはざまでー言語の仲介者
[発表者] 関沢紘一 在日統合法務局 法律顧問
[概要]  日米関係の戦後史のなかで生じた、日本に駐留するアメリカ軍関係者との間での通訳の実際について、アメリカ軍関係の実務家の観点から語る。
[参加費]会員 無料 非会員:1,000円
[懇親会]終了後に懇親会を行います。(会費1,000円)

会場の行き方:西武多摩川線多磨駅から徒歩約5分
京王線飛田給駅から京王バスで東京外国語大学前停留所下車、徒歩0分(バス所要時間 約10分)
http://www.tufs.ac.jp/common/is/university/access_map.html
[参加お申し込み・問い合わせ先]日本通訳学会事務局(水野的)
e-mail:secretariat@jais-org.net  FAX:03-3811-9836


第21回例会報告 [例会]

日本通訳学会第21回例会は、5月13日、およそ40人ほどの参加者を集めて無事に終了しました。そのように意図していたのではなかったですが、三浦先生の「フランスの言語政策」のお話が理論編、アーサー・ビナードさんの「言葉の鏡」が応用編という感じになっていました。

三浦先生のお話からは国家の言語政策はどういう形をとりうるのか、世界にある何千もの言語のなかで国語の位置づけにあるものは国の数、およそ200に過ぎないという当たり前のことをいまさらながら感じました。

ビナードさんのお話は、のっけからジョークでmonolingual な国民とはアメリカ人、にはじまり単一言語が優位性でもあり制約であるかも考えさせられました。言語を使う仕事をしている通訳者、翻訳者にとってはもちろん、広く一般の方々にとってもきわめて示唆に富む内容でした。懇親会にも20名近い方々が参加してくださいました。みなさん、ありがとうございます。

当日の写真は、以下のリンクでご覧になれます。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/photoskoffice2001/

(担当理事)鶴田


第21回例会迫る [例会]

5月13日(日)は第21回例会です。場所は東京外国語大学。内容は中央大学教授・会議通訳者の三浦信孝さんによる「フランスの言語政策」と、詩人・翻訳家のアーサー・ビナードさんによる「言葉の鏡」です。詳しくはこちらをごらんください。


第21回例会のお知らせ [例会]

日本通訳学会第21回例会のお知らせ

[日時]5月13日(日)午後1:00―5:30
[場所]東京外国語大学(府中)研究講義棟101マルチメディア教室
第1部1:00―3:00
[演題] フランスの言語政策
[発表者]:三浦信孝 (中央大学教授、会議通訳者)
[概要]:ヨーロッパという多言語多文化社会におけるフランスの言語政策について、フランス語会議通訳者の視点から語る。

第2部 3:30―5:30
[演題] 言葉の鏡
[発表者]アーサー・ビナード (詩人、翻訳家)
[概要] 言語は、伝達の道具であると同時に、世界を見るレンズの役割も果たす。日本語メガネと英語メガネをかけかえることで、眺めはどう違って見えるか、詩人の観点から語る。
[参加費]会員 無料 非会員:1,000円

会場の行き方:西武多摩川線多磨駅から徒歩約5分
京王線飛田給駅から京王バスで東京外国語大学前停留所下車、徒歩0分(バス所要時間 約10分)
http://www.tufs.ac.jp/common/is/university/access_map.html
[参加お申し込み・問い合わせ先]日本通訳学会事務局(水野的)
e-mail:secretariat@jais-org.net  FAX:03-3811-9836


第20回例会報告 [例会]

日本通訳学会第20回例会報告

皆様。少し遅くなりましたが例会報告です。10月22日(日)に青山学院大学で行われた第20回例会は、新しい例会方式になってから最初の企画で、早稲田大学教授、松坂ヒロシ先生の「英語音声の姿-英語学習者のための音声学」と、外務省総合外交政策局勤務の宮本新吾さんによる、「外交場面における通訳総理大臣通訳者の実際」についてのお話をいただきました。 「松坂先生のユニークな音声学も、宮本さんのご苦労・ご活躍ぶりも非常に生き生きしていて、大変良い刺激になりました。」という参加者からの反応をいただいています。


松坂先生の講演で印象的だったのは、「小学校の歯の教材」からヒントを得て、教材屋さんから入手したという巨大な歯の模型。それと日本人が発音しやすいように、独特のイラストをご自分で描いてwoman の発音は「魚万」という魚屋さんを考えるといい、など長年の指導経験に裏づけされた簡潔で的確なアドバイスは参加した全員の参考になったとおもいます。

宮本さんはまず、外務省の中でどのように通訳者が養成されているかのお話をくださり、その後実際に総理通訳官としてのご体験から総理に随行する際に、まわりを十重二十重にとりまいている随員のなかをどう、かきわけて通訳が必要とされる現場に真っ先に到達できるようにするのか、「ロジ」の工夫が本当にたいへんである、通訳者としての仕事をする以前に配慮すべき点がいかに多いのか、という外交現場の通訳を実感できる話でした。