So-net無料ブログ作成
検索選択
通訳教育・指導法プロジェクト ブログトップ

日本通訳翻訳学会関東支部例会・通訳教育指導法研究プロジェクト合同研究会のお知らせ [通訳教育・指導法プロジェクト]

日本通訳翻訳学会関東支部例会・通訳教育指導法研究プロジェクト合同研究会を以下の要領で開催します。ふるってご参加ください。一般参加も可能です。

 
日時: 45日 午後2:004:00
会場: 青山学院大学(青山キャンパス) 総研ビル916会議室
アクセス:http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html
参加費: 会員無料、非会員一般1,000円、学生500 

1. 開会挨拶: 中村幸子(愛知学院大学)(*以下敬称略)
2. 会の趣旨説明: 石黒弓美子 (東京外国語大学)
3. 発表(1) (質疑を含めて60)

(1)-1 「IHCSAの事業・外務省および国際交流基金等の招聘事業」
  ゲストスピーカー:一般社団法人国際交流サービス協会(IHCSA  
    国際事業部招聘グループ グループ長 河守孝始氏
(1)-2 IHCSAが求める通訳者の資質と技能、登録の仕方、具体的なアサイン業務等」
  ゲストスピーカー:  国際事業部招聘グループ(通訳エスコートアサイン担当)
    チームリーダー
   近藤勝次氏
発表趣旨:当協会では、長年、外務省や国際交流基金等が日本に招聘する要人等に通訳の手配をする等の業務を実施してきた。通訳者には、招聘客とその人々が訪問したり、交流したりする日本人との間に立ってコミュニケーションの仲立ちをする異文化コミュニケーターと しての役割が求められる。それは実際にどのような仕事であり、通訳者にはどのような資質や技能が求められるのか。また、IHCSAへの通訳登録や登録後の業務依頼はどのように行われるのかなど、現場からの期待と情報を提供する。 

 
4. 発表(2) (質疑応答を含めて60分)

「多文化社会に対応する通訳人材の養成における課題社会連携の観点から」
スピーカー:内藤稔(東京外国語大学)
発表趣旨:日本社会に暮らす外国人住民が抱える問題が多様化する中、その課題解決にあたり、通訳者と多分野の専門家・専門機関との協働による相談の仕組みづくりが求められている。大学もまた、こうした仕組みづくりの一担い手であり、「実践の場づくり」や「ユーザー教育」などにおける役割が期待されている。本発表では東京外国語大学による事例を踏まえつつ、社会連携の枠組みにおいて通訳人材を養成する際の課題を抽出し、今後大学における通訳教育の方向性について検討したい。

 
5. 閉会挨拶: 水野的(青山学院大学)

 座席数の都合上、参加される方は事前にお申し込みください。満席となりました。
 申し込み先:ananiesi@ktd.biglobe.ne.jp (石黒弓美子)


通訳教育・指導法研究プロジェクト公開研究会のお知らせ [通訳教育・指導法プロジェクト]

「通訳教育・指導法研究プロジェクト 2012年度第2回研究会」の会合を以下の要領で開催します。この会合は、無料で非会員にも公開します。事前の登録も不要です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2013年6月23日(日曜日)13:30~16:30 
会場:愛知学院大学(日進キャンパス) 3号館5階 3509教室
交通アクセス http://www.agu.ac.jp/access.html

(1) 発表者:稲生衣代(青山学院大学)※敬称略
題目「スピーチ教材を使った通訳入門クラス」
要旨:「わが国の大学・大学院における通訳教育の実態調査」(2005)において、大学で通訳クラスを担当する教員の過半数が、特定のテキストを使用していないことが明らかになった。教員が授業に臨むにあたり、独自に用意した教材を使用する事例が多いと思われる。本発表では、通訳クラスの素材として求められる主要な条件を満たすコンテンツからなるTEDのサイトを使用した大学の通訳入門クラスについて考察する。

(2) 発表者:鎌倉義士(愛知大学)
題目「TOEIC500点台の学生への通訳法指導-英語力向上のメソッドとしての通訳養成法」
要旨:発表者は2007年より愛知大学国際コミュニケーション学部にて日英通訳法の授業を担当している。その授業を選択する学生は、英語を専門とする学生を含めTOEIC500点から600点のスコアの実力を持つものが中心となる。通訳養成法の実践は対象者に高度な英語運用能力が必要とされる一方、上級者のみならず、初級・中級者の運用能力を向上させる目的にも活用可能であると考える。本発表では、実践報告の形式で授業内の取り組みを紹介し、学生の第二言語での理解と産出を向上させるために、通訳法の指導がどのように活用できるのかを考察する。

(3) 発表者:中村幸子(愛知学院大学)
題目「ヨーロッパ言語共通参照枠 (CEFR) と通訳翻訳教育の接点―言語教育観・社会観・人間観を中心に―」
要旨:CEFRはCouncil of Europe (欧州評議会)が「ヨーロッパの言語教育のシラバス、カリキュラムのガイドライン、試験、教科書等々の向上のための一般的基盤を与える (p.1)」ために策定した言語政策である。本発表では、CEFRそのものの紹介ではなく、CEFRの根幹をなす理念である複言語主義 (plurilingualism) や複文化主義 (pluriculturalism)といった考え方や、部分的資格認定(partial qualifications)の容認といった考え方に代表されるCEFRの特徴的な言語教育観とわれわれが大学レベルでの通訳翻訳教育において目指す方向性との接点を考察する。参加者には予め、インターネット上に公開されている日本語版に目を通しておいて頂くことをお勧めする。 
日本語版: http://www.dokkyo.net/~daf-kurs/library/CEFR_juhan.pdf#search='CEFR+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%A8%B3'

16:30 終了  ※終了後藤が丘付近にて茶話会(参加自由)予定。

問い合わせ先:中村幸子 (nakamus<at>dpc.agu.ac.jp)
お問い合わせの際は <at> を @ に変更してください。

通訳教育・指導法プロジェクト研究会会合のお知らせ [通訳教育・指導法プロジェクト]

JAITS会員の皆様


「通訳教育・指導法プロジェクト 研究会」の会合を以下の要領で開催します。この会合は昨年同様、無料で非会員にも公開します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:201346日(土曜日)13:3017:00
会場:青山学院大学(青山キャンパス) 総研ビル916会議室
http://www.aoyama.ac.jp/other/access/aoyama.html

(1)発表者:新崎隆子氏・石黒弓美子氏(会議・放送通訳者、東京外国語大学)
題目「通訳事例分析:第二言語習得理論の視点から」

日英通訳指導法の開発を目指した研究の一環として、昨年は日本語の解釈に関する事例分析を発表したが、今回は通訳者の英語運用能力に焦点を当てる。プロ養成校の上級と初級の受講生による逐次通訳を、聞きやすさと英文生成能力の両面から比較し、第二言語習得理論のcommunicative competence とcommunicative performanceの概念を借りて、通訳に必要な英語運用能力を育てる指導法について提案する。通訳訓練や教育に携わっている方々との意見交換や活発な議論を期待している。

(2)発表者:柴原智幸氏(放送通訳者、神田外語大学)
題目「大学学部レベルにおける通訳・翻訳教育の限界 ~神田外語大学通訳・翻訳課程の発足から実質的終焉までの顛末~
20094月、神田外語大学に通訳・翻訳課程が発足した。この課程は高い語学レベルと学習意欲を持つ学生を選抜し、教育を施すことを目的としていた。大学側がこの課程をどのように考えていたのか、そして担当教員がどのような考えで課程を運営していたのかを、実例と共に紹介し、 両者の考えの乖離がどのようにして大学側の一方的な「課程改革」通告につながったのかについても述べる。英語教育の「ニーズ」としての「通訳・翻訳」は、もはやライフサイクルの終わりに来ているのではというのが、発表者の懸念である。通訳・翻訳を扱う学術団体として、通訳・翻訳教育に対する何らかの提言につながる議論が出来ることを期待している。

問い合わせ先:中村幸子
(nakamus<at>dpc.agu.ac.jp)
新崎隆子 (rynatsuki<at>za.cyberhome.ne.jp)
お問い合わせの際は <at> を @ に変更してください。よろしくお願いします。


通訳教育・指導法プロジェクト ブログトップ