So-net無料ブログ作成
検索選択

サイトラ研究プロジェクト公開研究会のお知らせ [サイトラ研究プロジェクト]

「サイトラ研究プロジェクト」公開研究会を下記の要領で開催いたします。関心のある方はぜひご参加ください。

日時:2016年3月20日(日)13:00~16:30
場所:神戸市外国語大学に隣接の大学共同利用施設UNITYセミナー室
神戸市西区学園西町1丁目
1-1 ユニバープラザ2F
http://www.unity-kobe.jp/?page=access

発表者1:船山仲他(神戸市外国語大学)
題目:サイトラにおける概念化のステップ
要旨:翻訳で顕在化するのは起点言語と目標言語の表現であるが、同時通訳やサイトラにおいては通翻訳者の脳内のプロセスの一端が顕在化する。その一つは各処理のタイミングである。たとえば、John hit a ball という表現を目にした段階で、訳者が「ジョンがボール」と言ったならば、その段階で訳者の頭の中でhitに関する情報はどうなっているのか。その直後に「ジョンがボールを」と言ったならば、hitを見た段階で、“他動詞”という文法概念を想起していると推定される。同時通訳の場合、John hit a ball という表現の音声はすぐに消えてしまう。サイトラの場合、hit を視野に残しておくことは可能であろう。しかし、だからといって hit という表現そのもの(つまり言語形式)のイメージを残しておくことは処理時間の延長につながる。それではどのような処理をすれば処理時間を短縮できるか。発表では、“概念化”というプロセスを仮定し、サイトラ訳者の概念化のステップについて考える。
 “概念化”を観察することは、セレスコヴィッチの“脱言語化”をより実証的に捉えようとする試みでもある。

発表者2:水野 的(青山学院大学)
題目:順送りの訳・翻訳・訳読
要旨:日本ではサイト・トランスレーションが同時通訳の「順送りの訳」と同一視されることがある。順送りの訳を理論的に扱った研究はほとんどなく、また順送りの訳は通訳者にとっての認知的負荷を回避する方略とだけ考えられているふしがある。しかし、順送りの訳出手法は、英語の語順と逆行する伝統的な訳出方法への反措定として長い歴史があり、翻訳や訳読の方法としても理論的に検討する必要がある。本発表では、順送りの訳が情報構造(旧・新情報、主題-題述、前景と背景、インフラとIdea、結束性、Communicative Dynamism (CD)、情報の重要度と焦点など)と認知的負荷(通訳者[翻訳者]、読者[聞き手]、学習者にとって)の両面から、言語理論的・翻訳理論的に裏付けることができる訳出法であり、かつ言語教育における訳読にも応用可能な方法であることを論じる。

準備の都合上、ご出席いただける方は事前に下記までお申し込みください(3月10日必着)。
問い合わせ先:長沼美香子
mikakonaganuma@gmail.com

翻訳通訳テクノロジー研究プロジェクト特別会合のお知らせ [通訳翻訳テクノロジー研究プロジェクト]

日本通訳翻訳学会 翻訳通訳テクノロジー研究プロジェクト 特別会合

翻訳通訳テクノロジー研究プロジェクト 特別会合を下記の通り開催いたします。
University of Mainz, GermanyのMoritz Schaeffer氏による特別公演です。国立情報学研究所(NII)の協力で開催します。翻訳プロセス研究に関する内容で、深い議論ができればと思います。尚、席に限りがありますので、参加ご希望の方は、事前に 山田(yamada@apple-eye.com)までご連絡ください。

【日時】2016年3月25日(金)13:30-16:00
【場所】国立情報学研究所(NII)(20階 2005講義室)
        アクセス:
【参加費】無料、事前申込必要

発表1
【タイトル】The mechanics of human translation
【発表者】Moritz Schaeffer (University of Mainz, Germany)
【要旨】
The current talk will review existing cognitive models of the translation process by assessing their claims against empirical evidence. In addition, the talk will discuss studies which investigate the effect of translation on behaviour. The emphasis here is on the measures which are used to analyse behaviour. Early studies employed reaction times, while more recent studies employ eye tracking methods. The latter are further divided into those which examine eye movements on longer stretches of text and studies which study the effect on very early eye movement measures. The current talk will also present new evidence which attempts to describe the cognitive and motoric mechanisms underlying translation.

発表後に質問会、討論会を行います。

問合せ先:山田(yamada@apple-eye.com


日本語用論学会メタファー研究会のお知らせ [NEWS]

日本語用論学会メタファー研究会、キックオフミーティングが開催されます。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

https://sites.google.com/site/metaphorstudy/home/kickoff

第40回関東支部例会のお知らせ [関東支部]

下記の通り、関東支部例会を開催しますのでふるってご参加ください。

第40回関東支部例会

【テーマ】学部生対象の通訳評価法
【日時】
2016年2月27日(土) 13:30~16:00
13:30-14:30 研究発表 Sang-bin Lee (韓国外国語大学准教授)
14:45-16:00 ディスカッサント(松下佳世(ICU)、武田珂代子(立教大))との質疑応答、参加者全員とのフリーディスカッション

【場所】
立教大学 池袋キャンパス マキムホール10階第2会議室
下記のアクセス・キャンパスマップをご覧ください。
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

【発表者】
Sang-bin
Lee(韓国外国語大学 English for International Conferences and Communication 准教授)
題目:Assessment of interpreting performances by/for undergraduate students: A South Korean case
発表要旨:
In South Korea, translation and interpreting (T&I) has been perceived by many as very useful for advancing their foreign language proficiency and getting access to better job opportunities. This perception motivated some universities and colleges to develop an undergraduate T&I degree program within a pre-existing, related program. Currently, in Seoul alone, there are three such universities: Dongguk University, KyungHee University, and Hankuk University of Foreign Studies (HUFS). One of the major issues raised by interpreter trainers in the three programs is about how to assess undergraduate students’ performances in a reliable way. To my knowledge, most of the trainers use a holistic/impressionistic rating method for summative assessment. Against this
background, I will introduce my research studies based on the following topics:
-  An overview of the three undergraduate T&I degree programs;
- Undergraduate students’ interpreting self-efficacy;
-  A new analytic scale for assessing undergraduate students’ consecutive interpreting
performances; and
-  Summative peer assessment by undergraduate interpreting students using the rating scale.

【使用言語】英語
【参加費】会員:無料、非会員:1,000円 (学生500円)
【共催】翻訳通訳教育研究会
*参加希望者は武田珂代子(kayokotakeda@rikkyo.ac.jp)までご連絡ください。事前に読んできていただく資料をお送りします。

関西支部第41回例会のお知らせ [関西支部]

関西支部第41回例会を下記の通り開催いたします。どうぞご予定のうえ、ふるってご参加ください。

日本通訳翻訳学会関西支部第41回例会
【日時】2016年3月19日(土)14:30-17:00
【場所】広島修道大学(会場は追ってお知らせいたします)
大学へのアクセス
http://www.shudo-u.ac.jp/access.html
キャンパスマップ
http://www.shudo-u.ac.jp/campus_map.html
      
発表1
【タイトル】ISO 17100 Translation Workflow in Your Classroom: Course Design and Ongoing Development
【発表者】John McLean (Yasuda Women's University)
【要旨】
Translation workflows such as the one defined in the ISO 7100 (International Organization for Standardization, 2015) provide framework for the collaborative production and improvement of a translation irrespective of the language locale, text purpose or omain. When incorporated into the design of a translation course, they an facilitate student development of not only linguistic and metalinguistic but also strategic and interpersonal skills and knowledge which, as the EMT expert group (2009) point out, are fundamental to the field of professional translation. As with any group activity, interpersonal disputes and differences of opinion are inevitable. However, while these differences―henceforth referred to as conflict―are fundamental to both the improvement of a translation and students’ development of strategic and interpersonal skills and knowledge, they can also negatively impact group functioning and performance. In this project-research presentation, I draw on learning from the academic fields of translation, management, and education, and my experience as a translator, translation project manager, and translation educator to propose a method to design a collaborative translation course based on the ISO 17100 translation workflow that includes measures to mitigate negative instances of conflict and enhance group functioning. Then, within the theoretical framework of conflict, to facilitate course development, I propose an exploratory action research approach to identify and categorize instances of conflict and assess their impact on learning.
EMT expert group. (2009). Competences for professional translators, experts in multilingual and multimedia communication. European Commission. N.p., 17.
International Organization for Standardization. (2015). ISO 17100: Translation services –
Requirements for translation services. Retrieved from http://www.iso.org/iso/catalogue_detail.htm?csnumber=59149

発表2
【タイトル】CRITT TPR-DB(ENJA15)を用いた翻訳プロセス研究の暫定分析結果
【発表者】山田 優(関西大学)
【要旨】
CRITT TPR-DB(Translation Process Research - Database)は、多言語の翻訳ロセス研究データベースであり、2015年よりMichael Carl氏との共同研究で、日におけるデータ収集を開始した(ENJA15)。現在までに38人の翻訳者の通常訳、ポストエディット、音声入力翻訳の3モードの訳出データ(キーストローク、アイトラッキングを含む)が集まった。本発表では、TPR-DBの概要および翻訳者の認知負荷に関する)暫定分析結果を示す。
*CRITT=Center for Research and Innovation in Translation and ranslation Technology

【参加費】会員:無料  非会員:1,000円(学生500円)
【出席の連絡】3月12日(土)までに、三ツ木(mmitsugi@mail.doshisha.ac.jp) または田辺(tanabe@mail.kobe-c.ac.jp)までお願いします。なお、終了後懇親会を予定しています。お気軽にご参加下さい。


公開開ワークショップ 「談話分析」のお知らせ [研究法・論文執筆プロジェクト]

研究法・論文執筆プロジェクト主催の公開開ワークショップ「談話分析」が以下の要領で行われます。

コーディネーター 新崎隆子(東京外国語大学)
談話分析は通訳や翻訳の研究において、もっともよく使用される研究法のひとつである。このワークショップでは談話分析の基本的な原則を学び、データの集め方や分析の事例を通して実りある研究につなげる方法について検討する。さらに会員による談話分析を用いた研究事例の発表と専門家による講評を聞き、談話分析の応用可能性についての活発な意見交換を行う。
日時:2016年1月24日(日) 13時30分~16時30分 (13時受付開始)
場所:上智大学 4号館183号室 
参加費:無料(要予約)
参加申込:参加を希望される方は、氏名、住所、所属先、学会員・非学会員の別を明記の上、以下のいずれかにメールでお申し込みください。
申し込み受け付け担当: 渡部富栄 tomie_w@jcom.home.ne.jp
資料準備等のため1月18日までに申し込みをしてください。定員に達し次第、締め切らせていただきますので、早めのご予約をお勧めいたします。

プログラム
総合司会:新崎隆子(東京外国語大学)
1:30―1:35 開会 講師紹介と趣旨説明
1:35-3:00 講演 藤井洋子教授 
3:00-3:20 質疑応答
3:20-3:30 休憩
3:30-4:00 研究事例発表 田村智子会員
4:00-4:15 講評・質疑応答
4:15-4:30 総合討論

<講演>
談話分析の手法と比較言語文化研究の意義   藤井洋子
<概要>
 1980年代にアメリカで始まった談話分析は新たな方法でそれまでの言語研究に大きな変化をもたらせた。それまでの言語研究の主流は主に一文を単位とし、構造や意味の分析を中心に進められていたが、一文の境界を越えて、あるまとまりをもった談話という単位でことばをより大きな視点から見ていくことを目的として広まり、以来、談話分析の手法を用いて幅広い言語研究が行われている。本セミナーでは、談話の定義からデータの種類、文字化方法について概説し、研究目的に合ったデータにはどのようなものがあるのか、また、通訳のデータのようにすでにある談話から何が読み取れるのかを具体例を見ながら提示していく。その上で、近年取り組んでいる異言語・異文化比較のために収録されたコーパスデータによる比較言語文化研究を紹介する。同じ条件下で収集したデータを比較することは、それぞれの言語実践の特徴を明らかにするのみならず、そこに通底するメタ言語概念をも抽出することができる。またここでは更に、異なるそれらのメタ言語概念の根底に流れているそれぞれの言語母語話者のもつ自己観や現実世界の捉え方を追究し、それぞれの言語文化へのより深い理解のもとに相互理解を可能にする考察のあり方を提示したい。このようなアプローチによる成果が、通訳・翻訳に携わる専門家のみなさんの一助となれば幸いです。
[プロフィール]
日本女子大学文学研究科英文学専攻博士課程前期修了、米国オレゴン大学大学院言語学科修士課程修了。放送大学助教授、日本女子大学文学部英文学科助教授を経て、現在同学部同学科教授。日本英語学会評議員、社会言語科学会理事(2011〜2014年度)、Pragmatics 編集委員、タイ王国チュラロンコン大学言語教育センター発行学術雑誌 Pasaa Paritat 編集委員。主な論文に「日本語の語順の逆転について – 会話の中の情報の流れを中心に – 」(『日英語の右方移動構文 - その構造と機能- 』ひつじ書房)(1995), 「*骨をこわすvs. break the bone 認知カテゴリーと文法項目のタイポロジー 」(『社会言語科学講座 第1巻 異文化とコミュニケーション』ひつじ書房), “Differences of situating Self in the place/ba of interaction between the Japanese and American English speakers”, Journal of Pragmatics Vol. 44 (2012), 「課題達成談話における相互行為の言語文化比較」(『解放的語用論への挑戦−文化・インターアクション・言語』くろしお出版)(2014)などがある。

<研究事例発表>
通訳人を介した事情聴取伝聞問題と可視化:談話分析による『導管』の間接・直接検証
田村智子
<概要>
「伝聞排除」を伝統的大原則とするコモン・ロー諸国は、通訳人を介した事情聴取での供述の「証拠能力」担保に古くから試行錯誤してきた。米国は長年「dual agent(共同代理)」論を用い連邦証拠法801条(d)(2)(C)及び(D)の非伝聞条項を適用するとともに、20世紀後半からは「conduit(導管)」論も併用してきたが、2013年に第11管区が連邦控訴裁判所で初めて「通訳人を介した供述は伝聞」であり合衆国憲法が保障する「対審権」の侵害になるとし、当理論の疲弊も出始めている。一方、逮捕後の身体拘束を伴う事情聴取は英・豪・加では既に全面可視化されており、米国でも22州がすでに可視化をしている。DNA同様、録音・録画技術の導入で「通訳人伝聞」問題は今後大幅に解決し、通訳人は「検証可能な導管(正確・中立)」となるであろう。本研究は、その実証例として北米における通訳人を介した警察の事情聴取録音(録画)を刑事司法の各段階における参加者の視点から分析した。
1) 事情聴取段階における刑事と被疑者による間接的な「通訳人の導管性」検証(a. 各やり取りの起点である刑事発話の語用論的分析とやり取りcycleのパターン分析から当事者達による「通訳の正確性」の間接的把握はどの程度まで可能かを予測。b. 「導管」通訳人のrole shiftをGoffman(1981)の「animator, principal, & author」ツールで分析。c. 通訳人の発話と刑事・被疑者の総発話数、各起点言語発話と訳出された目標言語発話の長さの比較、発話開始までのポーズの長さ、等の量的分析)。2)裁判段階における鑑定人(expert witness)の立場からの同通訳内容の「正確性及び中立性」の検証と鑑定。3) 裁判段階における裁判官及び陪審員の立場からの同通訳内容の「正確性及び中立性」の判断基準、等。なお当研究で使用したELANという録画音声分析ソフトについても時間があれば言及したい。

[プロフィール]:早稲田大学大学院国際コミュニケーション研究科講師。東京外国語大学グローバル人材育成言語教育プログラム講師。亜細亜大学多文化コミュニケーション学科講師。上智大学公開学習センター講師。日米会話学院同時通訳科講師。アイ・エス・エス・インスティチュート講師。会議通訳及び通訳案内士。上智大学外国語学部英語学科卒業。ミシガン大学大学院言語学MA取得。現在ハーバード大学大学院ALM in Legal Studiesの学位論文「米国における通訳人を介した事情聴取の『伝聞』問題の法理論分析と言語学的分析」を作成中。専門は「日英同時通訳」の方法論と教授法。著書:「同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング」(三修社 2010)、「同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング」(三修社 2011)など。

JTF翻訳祭のお知らせ [JTF]

日本翻訳連盟(JTF)主催「JTF翻訳祭」が、今年は11/26(木)に開催されますので、お知らせします。詳しくは以下をご覧ください。
------------------------------------------------------------------
「25周年記念JTF翻訳祭」のお知らせ

来る11月26日(木)、東京のアルカディア市ヶ谷(私学会館)を会場として、恒例の「JTF翻訳祭」を開催いたします。
今年掲げるテーマは、「四半世紀の時を超えて、そして次なる未来へ
~終わりなき革新で、拡大するマーケットに挑む翻訳産業~」です。
分科会形式による「講演・パネルディスカッション」および「プレゼン・製品説明コーナー」(全30セッション)、「翻訳プラザ(展示会)」、「交流パーティー」などの催し物を用意しております。

25周年記念JTF翻訳祭
http://www.jtf.jp/jp/festival/festival_top.html

【全体テーマ】「四半世紀の時を超えて、そして次なる未来へ~終わりなき革新で、拡大するマーケットに挑む翻訳産業~」
【日時】2015年11月26日(木)9:30~21:00(開場・展示会開始9:00)
【場所】●「アルカディア市ヶ谷(私学会館)」
〒102-0073
東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
※JR・地下鉄「市ケ谷駅」より徒歩2分
(地図) http://www.arcadia-jp.org/access.htm
【参加料金(税込)】
<事前申込【早割】>
●講演・パネルディスカッション(トラック1~6の24セッション):
 JTF会員5,100円 非会員7,700円 学生2,700円
●交流パーティー:JTF会員・学生6,200円/非会員6,700円

※各セッションのお席は、先着順でのご入場となります。満席の際は、入場制限させていただきますので、予めご了承ください。
※学生の方は、当日受付にて大学・専門学校の学生証の提示をお願いします。
※講演・パネルディスカッションの参加料で、交流パーティーを除くすべてのセッションに参加できます。
※翻訳プラザ、プレゼン・製品説明コーナーへの参加は無料です(事前登録不要)。

【総来場者数(見込み)】1,000名(前年度実績:882名)
【お申し込み】https://www.jtf.jp/jp/festival/festival_apply.html
【申込締切】2015年11月19日(木)まで
※定員になり次第、受付を終了しますので、お早めのお申し込みをお勧め致します。
事前申込時点で定員に達した場合は、当日参加を行いませんので予めご了承ください。

【主催・運営】一般社団法人
日本翻訳連盟 25周年記念JTF翻訳祭企画実行委員会

翻訳研究育成プロジェクト第10回会合のお知らせ [翻訳研究育成プロジェクト]

翻訳研究育成プロジェクト第10回会合を下記の要領で開催します。
今回は、翻訳文学研究の第一人者であられる井上健先生(日本大学教授・東京大学名誉教授)をお迎えすることができました。大変に貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。

日時:2015年12月13日(日)14:00~16:00
場所:神戸市外国語大学に隣接の大学共同利用施設UNITYセミナー室
http://www.unity-kobe.jp/?page=access
懇親会:神戸市内、17:00~19:00頃予定

講演者:井上 健(日本大学教授・東京大学名誉教授)

演題:1920年代翻訳文学と日本モダニティの変容

要旨:近代日本翻訳史上、翻訳文学が広範な読者を獲得し、その時代の文学・文化システムを更新するような効力を発揮した事例は少なからずあるが、その過程においては、翻訳文学作品の特質・評価を簡明に評した「翻訳言説」とでも呼ぶべきものが流通して、看過しえぬ役割を果たしてきたように思われる。本発表においては、こうした「翻訳言説」に着目しつつ、レマルク(秦豊吉訳)『西部戦線異状なし』(1929)などの1920年代翻訳文学が、日本モダニティ変容にいかに関わり合うものであったかを考察したい。

終了後、井上先生を囲んでの懇親会を開きますので、そちらにもぜひご出席ください。
準備の都合上、ご出席いただける方は(懇親会出欠も含め)下記にお申し込みください(11月30日月曜必着)。

問合せ先:田辺希久子 tanabe@mail.kobe-c.ac.jp

関西支部第40回例会のお知らせ [関西支部]

関西支部第40回例会を下記の通り開催いたします。どうぞご予定のうえ、ふるってご参加ください。

【日時】2015年12月12日(土)15:00-17:30
【場所】西宮大学交流センター、講義室2
(阪急西宮北口駅北改札口を出て右手、隣接の「ACTA西宮」東館6階)

【テーマ】医療通訳教育を考える-必要な理論的枠組みと新たな育成カリキュラム

厚生労働省「医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業」のために「医療通訳育成カリキュラム」とカリキュラムに準拠したテキスト『医療通訳』*が昨年作成され、それに基づく研修会が今年3月半ばに東京で終了し、4月からは同様のものが大阪で開催されている。例会では、通訳指導に
必要な理論的枠組み、そしてテキスト『医療通訳』の概要と進行中の研修会の成果と課題、今後の展望を含め、発表する。

*厚生労働省のホームページからダウンロードできる↓
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000056944.html

【発表者】
渡部富栄(大東文化大学大学院/青山学院大学非常勤講師、通訳者)
重野亜久里(多文化共生センターきょうと代表)

【参加費】会員:無料  非会員:1,000円(学生500円)
【出席の連絡】11月末日(30日・月曜)までに、田辺(tanabe@mail.kobe-c.ac.jp)までお願いします。
終了後に近くで懇親会を予定しています。お気軽にご参加下さい。

Web Journal 『翻訳研究への招待』 第14号 公開しました [翻訳研究育成プロジェクト]

「翻訳研究育成プロジェクト」が発行しております Web Journal『翻訳研究への招待』第14号が公開されましたので、お知らせします。
今号は初の試みとして特集を組みました。また一般の投稿も掲載しています。
掲載されている論文・報告は全て下記のリンクからDLすることができます。ぜひご覧ください。

http://honyakukenkyu.sakura.ne.jp/

なお、次号(15号)は2016年4月末の刊行を予定しています。
会員の皆さまからの投稿をお待ちしています。締め切りは2016年2月末日です。

 「翻訳研究育成プロジェクト」