So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

翻訳研究育成プロジェクト第5回/関東支部例会第31回合同講演会 [翻訳研究育成プロジェクト]

翻訳研究育成プロジェクト第5回/関東支部例会第31回合同講演会を下記の要領で開催します。今回は映像翻訳会社を経営する山下奈々子さんをゲストにお迎えし、学会員の篠原さんにも加わっていただき、昨今大いに関心の高まっている映画字幕について講演と討論の時間を持ちたいと思います。ふるってご参加ください。

講演: 篠原有子氏(本学会員、フリーランス字幕翻訳者)
      山下奈々子氏(映像翻訳会社、㈱ワイズ・インフィニティ代表取締役社長)

日時:2013年6月29日(土)13:00-15:30
場所:青山学院大学(青山キャンパス)ガウチャーメモリアルホール15501教室
*会場へのアクセスとキャンパスマップは以下のURLでご覧になれます。

講演1  山下奈々子氏:字幕翻訳業界の現状と今後の展望

【要旨】映像翻訳は翻訳業界でもニッチな分野ですが、今やエンターテインメント分野だけではなく、企業の海外進出が広がる中、需要は高まる一方です。ただ、映像翻訳に特化した企業はほとんどなく、一般の翻訳会社から発注を受けることもしばしば。これまで、映画・ドラマ・ニュース・バラエティ番組・CM・企業案内・社長講演など様々な映像翻訳を手掛けてきました。その業界の実態、また、翻訳者だった自分が会社を興すまでの経緯、今後の展望などをお話しいたします。

講演2  篠原有子氏:日本映画における英語字幕の訳出志向について

【要旨】日本映画に付けられた英語字幕にはどのような訳出志向があるのだろうか。日本映画の中で文化と関連した言葉(異文化要素)が英語字幕でどう提示されているのかに焦点を当て、訳出方略の同定を通して、映画『おくりびと』の英語字幕を分析する。そして、同作品における訳出志向を提示したのちに、他作品の英語字幕でも同じ訳出志向が見られるかを検証し、そうした志向を生み出す言語的および社会文化的要因について考察する。

※会場の定員は45名(先着順)です。田辺(tanabe(a)mail.kobe-c.ac.jp)までお申し込みください。((a)は@に直してください。)定員になりしだい締め切りますのでお早めに。

なお終了後近くの店で懇親会を予定しています。

主催:翻訳研究育成プロジェクト 関東支部

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0